作成者: 沖田玲朗

0

2021 年 冬アニメ一覧

  2021 年冬(1 ~ 3 月)放送開始予定のテレビアニメ一覧です。 誤字脱字、誤情報、新情報等あれば、本ページの一番最後にコメント頂けると助かります。 画像の転載時は自由ですが、転載元としてここの URL かサイト名(:: halation ghost ::)を記載してもらえると嬉しいです。又、YouTube 等で使用して頂くことも構いませんが、このページのコメントか Twitte...

0

Model のインタフェースの上に ReactiveCommand は立っている【step: 8 .NET Core WPF MVVM ReactiveCommand 入門 2020】

  新作アニメの一覧作成に手を出してしまったので思っていた以上に間が空きましたが、前回は ReactiveProperty と ReactivePropertySlim の基本的な使い方と、Model ⇔ VM 間を双方向でバインドする方法を紹介しました。 今回は ReactiveProperty に含まれる ICommand を実装した ReactiveCommand と AsyncR...

0

2020 年 夏アニメ一覧

  2020 年夏放送開始予定のテレビアニメ一覧です。 誤字脱字、誤情報、新情報等あれば、本ページの一番最後にコメント頂けると助かります。 画像の転載時は自由ですが、転載元としてここの URL かサイト名(:: halation ghost ::)を記載してもらえると嬉しいです。又、YouTube 等で使用して頂くことも構いませんが、このページのコメントか Twitter (@miya_...

8

2020 年 秋アニメ一覧

  色々紆余曲折もありましたが、2020 年秋放送開始予定のテレビアニメ一覧を正式公開します。 誤字脱字、誤情報、新情報等あれば、本ページの一番最後にコメント頂けると助かります。 画像の転載時は自由ですが、転載元としてここの URL かサイト名(:: halation ghost ::)を記載してもらえると嬉しいです。又、YouTube 等で使用して頂くことも構いませんが、このページのコ...

0

AutoMapper で ReactiveProperty にマッピング

このカテゴリは WPF アプリで使用できるライブラリを紹介するエントリを分類するために新規で追加しました。このカテゴリに投稿するエントリは連載記事ではなく、今まで連載記事内に書いていたライブラリ紹介を連載とは別の単独記事にして参照し易くする事が目的です。第 1 回目に取り上げるのはオブジェクト間でメンバの値を自動コピーする時に便利な AutoMapper です。 尚、この記事は Visual St...

0

ReactiveProperty を編む【step: 7 .NET Core WPF MVVM ReactiveProperty 入門 2020】

  前回は Prism だけで Model ⇔ VM 間を疑似的に双方向バインドする方法等を紹介しましたが、結果的に Prism だけで実現するのは難しい事も分かりました。そのため、今回は Prism の MVVM サポートクラス等は使用せず ReactiveProperty を使用してデータを Model ⇔ VM ⇔ View 間をそれぞれ双方向でバインドする方法を紹介します。 尚、...

0

Prism に Model ⇔ VM の双方向バインドは難しい【step: 6 .NET Core WPF Prism MVVM 入門 2020】

  前回は Prism で部分 View を Region へ表示する方法と破棄する方法を紹介しました。今回は Prism の MVVM サポートクラスを利用して WPF アプリを MVVM パターンで作成する場合の中心的な存在と言えるデータバインディングについて紹介します。 尚、この記事は Visual Studio 2019 Community Edition で .NET Core...

0

Prism の Region に部分 View がいます。【step: 5 .NET Core WPF Prism MVVM 入門 2020】

  前回は Prism の DI コンテナの使い方と DI コンテナを活用して Ioc(Inversion of Control:制御の反転)を実現するための方法を紹介しました。今回は Prism の Region を操作する IRegionManager と、部分 View の表示と破棄について紹介します。 尚、この記事は Visual Studio 2019 Community Ed...

0

System.Windows.Interactivity.dll から Xaml.Behaviors.Wpf へ

このサイトで公開するエントリのほとんどは連載記事ですが、このカテゴリの記事は連載ではありません。今まではこのエントリに書いているような内容は連載記事の一部として書いていましたが、他記事からリンクし易いよう単独記事として分割する事にしました。今回は WPF アプリを作成するためには欠かせない System.Windows.Interactivity.dll が OSS になり名前も変わった Xaml...

0

MahApps.Metro.IconPacks で SVG アイコンを表示する【exhibition #2 WPF UI Gallery】

MahApps.Metro や Material Design In XAML Toolkit のようなモダン UI フレームワークで画面を作成する際に使用されることの多い SVG 形式アイコンのパッケージを多数含んだ MahApps.Metro.IconPacks を紹介します。尚、本エントリの内容は元々 WPF UI Gallery case: 1-1 の一部でしたが、サイトの記事構成の都合上...